理想像を明確に

よく、英語を喋れるようになるには留学すべきだとか、国内ではなかなか身につかないと言ったような事を耳にするのではないでしょうか。確かに、英語しか喋らない環境に身をおく事で、比較的早く英会話を身に付けることはできるでしょう。しかし、だからと言って、国内で英会話が身につかないと言う考え方は間違っていると言えるでしょう。

仕事をしていても、日本国内にいたとしても、きちんと時間をかけ、基本に忠実に英語を勉強する努力さえすることができれば、国内にいながら「使える英会話」を身につけることができるのではないでしょうか。そのために必要なのは、何より、英会話を身につけたいという思いだけと言えるでしょう。出来るだけ良い教材を揃え、正しいトレーニングの方法を守って学ぶことができれば「英会話」は確実に上達すると言えるでしょう。

ぐだぐだと「喋りたいけど留学は難しいなー」なんて事を言いながら過ごしているうちに、行動に移すことをお勧めいたします。まず、目標とする英会話のレベルを明確にすることから始めると良いでしょう。後々に留学を視野に入れるにしても、国内である程度身につけていることで、より有意義な時間を過ごせるようになるのではないでしょうか。

そのために「具体的な目標地点」を明確にしておきましょう。例えば、相手の言っている事を理解できるようになりたいという目標や、その上で、自分も言いたい事を表現できるようになりたいとか。もっと具体的に言えば、英検やTOEICの目標点数を設定すると言ったような事でしょう。目標の有無により、モチベーションは大きく変わってくると言えるでしょう。目標があることにより、進むべき道は分かりやすくなるでしょう。