英会話の勉強

Uncategorized

「教科書を音読する」という英会話の学習方法は、中でもかなり地味な学習方法です。「教科書を音読する」この方法は、眠たくなる事はなかったのですが、人に見られるとなんだかこそばゆいような、学習方法です。中学生の教科書に登場する、登場人物を全て一人で全てこなさなくてはならないので、時々、声色を変えている自分に、恥ずかしくなる一瞬があるのです。その一瞬に我に返らないように、音読に没頭して入り込んで取り組むことが1番の能率をアップさせる方法です。もちろん、発音が悪いことは承知の上ですので、わざとらしく外国人のネィティブスピーカー風に読まないことが重要です。ネイティブ風に読み上げる事がポイントなのではなく、「英文がどこで区切れるのかを把握する」ための訓練だと思い取り組んでいました。区切るポイントには、教科書に記しを付けて、そこで息継ぎをして、文章のかたまりのようなものを意識しながら読み上げるようにしました。英語の教科書用のCDを手に入れて、英文のどの部分で区切って読んでいるかを教科書に印をつける作業が結構、大変な作業に感じました。聞き取りにくい英文は、聞く度に、どこで区切っているのかが迷ってしまい、悩む事もありましたが、何度も聞き直すことで、読み上げる時の流れ的なものがなんとなく身体に染み付いてきました。どこで区切るのかを意識しながら、英会話の文章を読み上げることで、音読をしない状態で、目視のみで英文を読解する時にも、英文の区切りが見えるようになり、英文をかたまりごとに把握する力がつきました。この学習方法は、長文を理解する時に、非常に役立つ事が後々に感覚として感じるようになりました。地味な作業ではありますが、やってみると手ごたえは大きく感じます。

英会話を勉強するには、英会話スクールも勉強方法の一つです。

もし気になる方は「英会話 銀座」で調べてみるとよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です