言葉は心の知能指数

Uncategorized

感情知能というのを御存知でしょうか。
EQといってemotional intelligence quotientというものだそうです。
自分や他人の感情を知覚し、自分の感情を上手にコントロールできることだそうです。
IQがいくら高くても、EQが高くないと、社会的に成功できないとも言われているそうです。
感情のコントロールというのは小さなころから教育しなければならないそうですが、その教育の仕方は言葉によるものだと思います。
英会話というのも会話ですから、感情をコントロールできた方がよりよいかと思います。
人の言葉に傷つきやすい人は、英語で言われても同じく傷ついてしまう可能性があるかもしれません。
感情的になる人も英語になっても感情的になるかと思います。
英会話を習得したいという人の中には、グローバルな社会で活動したいと思っている人も多いのではないでしょうか。
誰と話すことになっても気が強い人や気が弱い人はいるかと思います。
楽しい人もいるし、暗い人もいるのはどの国でも当たり前だと思います。
せっかくバイリンガルになろうというのですから、感情のコントロールというのも強化していくというのもいいかと思います。
せっかくバイリンガルになっても、怒りっぽくて人間関係をしくじっていてはもったいないですよね。
社会で必要なのは冷静な判断だという人もいるでしょう。
また、いろんなタイプの人を受け入れることができるというのも大切だと思います。
相手の個性を認めるにしても、こちら側が感情の豊かさがないということになると、受け入れる感性がないということになる可能性があるでしょう。
感性を磨くというのは、言葉と密接に関わっていますし、日本語を喋るようにしか外国語を喋ることができないとうのもよく言われる話だと思います。
日本語でも英語でも、まず言葉の知能指数を磨くことが大切かもしれません。

そんな言葉の知能指数を磨くために、銀座にある英会話スクールに通ってみるのもよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です