アメリカ英語とイギリス英語

Uncategorized

英語を勉強する上の大前提として、アメリカ英語と、イギリス英語の二種類に分けられています。発音とアクセントに大きな違いがあり、聞き比べてみればすぐに分かります。これから英語を学ぶ上で、どちらの英語を身につけた方が良いのでしょうか。

まず、英語を1から身につけるという時には、アメリカ英語の方がおすすめです。そもそも学校で教わっているのはアメリカ英語であり、耳にも慣れています。逆に、イギリス英語を学ぼうと思っていても、練習のための教材の数が少ない状態にあるそうです。教材の数から見ても、選択肢が多い方が学習はしやすいでしょう。また、TOEICなどの英語のテストも、アメリカ英語を基本としています。学習の実用的な面から見ると、アメリカ英語であればまず問題ありません。

逆にデメリットとしては、当然ながらイギリス英語が聞き取りづらくなります。また、アメリカ英語はマスターするまで「発音に品がなく聞こえてしまう」場合もあるそうです。もちろん正しい発音ができれば問題ありませんが、多くの日本人は違和感ある喋りになりやすいそうです。逆にイギリス英語は、口を大きく開けて発声する特徴から上品な印象を与えやすいと言われているそうです。イギリス英語は世界から見ても模範的な英語とされており、世界的なニュースではイギリス英語で報道されることが多く、「発音・文法ともに綺麗な英語」として使用されています。ニュースをしっかり聞きたいという動機で英語学習をする人は、イギリス英語の方を採用しても良いかもしれません。

もちろん、どちらを勉強しても問題はありませんが、アメリカ英語の方が聞く場面が多く、日本人の耳に慣れている場合が多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です