聞く力を高める

いくら英文を理解できるようになっても、英会話においてリスニングができないとコミュニケーションとしては全く意味をなさないと言えるのではないでしょうか。また、リスニングという技術は、聞く力だけでなく、実はスピーキングにとっても非常に重要な要素と言えるようです。相手の伝えたいことを聞き取れないという状態は、自身が何を喋ればいいか分からないと言い換える事ができるでしょう。英会話における最も効果の高い勉強法と言われているのが、実は基本的な「英語を口に出して読む」という事であるとされ、これにより、英語力全体を伸ばせると言われています。つまり、この「口に出して読む」という事が英会話を身につけるための鍵を握ると言っても良いのではないでしょうか。これは、何度も何度も英単語や英文を繰り返し口に出して発音することで、自分の声で自分の耳に英語を聞かせていくという図が出来上がるでしょう。このように、感覚的に英語の音というものを、一つ一つ確実に自分のモノにしていくという事が重要であると考えられているからでしょう。本当に英会話というコミュニケーションを学びたいと思っているなら、間違っても聴きながすだけの教材に頼らないようにしましょう。近年、リスニングができれば英会話はできるようになると言ったような考え方の「聴くだけ」勉強法が流行しているようですが、自身の発音を鍛えるとともに、自身の耳で聴いて覚えて行く事がいちばんの上達法と言えるでしょう。その時に、生の英語音声などを聞いて参考にすると、より良い発音が身に付き、同時にリスニング力を高めてくれると言った効果も期待できると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です