苦手意識を持たない

英会話ではないですが、大人になるまでに英語という授業を受けていることから、それぞれ「英語」に対して様々な苦手意識というものがあるのではないでしょうか。例えば文法やリスニングなど、ちょっと苦手なものが出現し、次第に全体的に「英語」が嫌いになって行くという流れは、多くの人が頷ける流れなのではないでしょうか。そのため、いざ英会話を勉強するぞという段になって、その苦手意識みたいなものが顔を出すと言った可能性があるでしょう。しかし、そういった苦手意識も、自身の勉強計画と勉強方法によって回避できると言えるでしょう。

例えば学生時代にリスニングが苦手だった人は、聞くことに集中するだけでなく、実際に自身で「音読」する勉強方法を多く取り入れて行ったり、映画が好きであれば、洋画は必ず字幕で見ると行った決め事を作ったりなど、自身のライフスタイルに無理なく組み込め、かつ楽しめるような勉強方法を自身で作っていけるというのが大きなポイントになるのではないでしょうか。苦手だからと逃げるのではなく、好きなもので学べるような環境を作り出すという面白さを味わえるのではないでしょうか。

日常的に慣れることが「英会話」の一番の上達法であるとされていますが、それを強制的にしてしまっては国内では嫌になって挫折してしまうのがオチでしょう。音楽でも映画でも本でも、好きなものを味方にして学ぶ方法を見つけることが近道であると言えるかもしれません。現在は英会話をゲームで学べるアプリなども充実しているため、そこからスタートするというのも良いのではないでしょうか。「好きこそ物の上手なれ」というように、自身の心地よいと思えるところから始められると良いでしょう。